カードローンすぐ借りたい

\大手だから安心・安全!/

トップページ > 北海道 > 湧別町 > カードローンすぐ借りたい・乗り換えたい

当サイトでは、北海道湧別町でカードローンすぐ借りたいという方のために、ご家族や職場にバレることなく、最短1時間で融資可能な安心・安全の大手消費者金融のみ紹介しています。

急な出費で大ピンチ!!カードローンすぐ借りたい!

でも、どこで借りるのが安全なのかわからないし、即日融資してくれるのかもわからない…。 以前であれば銀行カードローンが即日融資に対応していたみたいだけど…。

そんなあなたにオススメなのが、大手消費者金融のカードローンです!

信頼・実績の大手消費者金融なら即日融資対応!最短1時間で融資可能!今すぐ借りたい方必見です!

必要書類は運転免許証だけでOK!?利息が0円って本当!?

必要書類や金利を今すぐチェック!

カードローンすぐ借りたい人へ

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

まとめ

「家族や職場には絶対バレたくない」「急な出費で今すぐお金を借りたい」という方へ。
大手消費者金融のネット審査なら誰にもバレずに、最短1時間でご融資可能です。

返済シミュレーション

はじめてお金を借りるとき、無利息で借りることができるのか、いくらくらい利子がつくのかなど不安なことも多いですよね。

ここでは、借入金額5万円を例に借入時に気になるポイントをご紹介します。

Q.無利息で5万円借りたいのですが可能ですか?

A.可能です

一般的にカードローンの無利息期間とは、契約日の翌日から30日間利息が0円になるサービスの事を言います。30日以内に一括返済を行なうことで、無利息でお金を借りることができます。

ただし、無利息期間は契約日の翌日から適用されるため、契約後すぐに借りない場合は無利息期間が終了してしまっている可能性がありますのでご注意ください。

Q.借りた5万円を分割して返済することは可能ですか?

A.可能です

それぞれのカードローン会社で毎月の最低返済金額が設定されているので、最低金額以上の返済であれば分割で返済することができます。

プロミス2,000円
アコム2,100円
アイフルサイクル制-5,000円
約定日制-4,000円

Q.5万円借りた場合の利息を教えてください

A.5回払いの場合で約1,500円、10回払いの場合で約3,400円になります。

上記の利息は消費者金融のカードローンにおいて、金利が年18%で借り入れした場合の利息となっています。

返済が長引くほど利息の支払いが増えるので、できるだけ早めに計画的に返済を行なうことをおすすめします。


はじめてお金を借りる時というのは、色々な不安を抱かれてしまうかと思いますが、実際に数字を見てみると、買い物の分割ローンと同じような感覚でお金を借りることができるものなんだなということがお分かり頂けたかと思います。

消費者金融は銀行カードローンと比較すると金利が高いと言われていますが、5万円程の少額の借り入れであれば利息の支払いは少ないですし、条件によっては利息の負担が0円になる場合もありますので、カードローンですぐ借りたい!という方は、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

北海道湧別町にお住まいのカードローンすぐ借りたい方のためのQ&A

カードローンに申し込んでみたいけど、すぐに借りられるのかな?審査は厳しいのかな?申し込みは簡単かな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここではカードローンに関する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.パートやアルバイトでもカードローンを利用できますか?

A.利用できます

一定の収入があれば、パートやアルバイトの方でもカードローンに申し込むことができます。
また、学生であってもアルバイトなどで収入がある方であれば申し込めます。

Q.安全にお金を借りる方法はありますか?

A.あります

安全にお金を借りたいなら、大手銀行カードローンまたは大手消費者金融カードローンがおすすめです。
スマホやパソコンで手軽に借りられる時代だからこそ、信頼と実績のある大手金融機関から借り入れすることが安心・安全だと言えます。

悪質な違法業者は、チラシやメールなどで「低金利で即日融資」などといった甘い言葉で誘い、違法な高金利で貸し付け短期間で返済を請求してくるというのを常套手段としています。 一度でもこの手の違法な金融業者から借入れしてしまうと、同業者からの勧誘が頻繁に行わるようになりますので、絶対に聞いたこともない金融業者から借り入れしてはいけません金融庁-違法な金融業者にご注意!

Q.今日中にお金を借りたいのですが、安全に借りるには銀行カードローンでしょうか?

A.今日中であれば大手消費者金融がおすすめです

銀行カードローンは金利が安く信頼度からも安心感はダントツなのですが、2018年より政府の方針で銀行カードローンは即日融資ができなくなってしまいましたので、 即日融資を希望される場合、大手消費者金融からの借り入れをおすすめします。

Q.返済に滞ってしまった場合、怖い取り立てとかはありませんか?

A.ありません

返済を滞る=怖い取り立てが来るというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、現在は法律で厳しく規制されていますので、真っ当な金融機関の場合そのような取り立て行為は行われませんのでご安心ください。

返済が滞ってしまった場合まず行われるのが携帯電話への連絡です。延滞しているからといって、怒鳴られたりすることはありませんので必ず出るようにしましょう。

電話を拒否し続けてしまうと自宅への連絡や会社へ連絡せざるを得ない状況になってしまいますので(社名は伏せて連絡があります)、きちんと対応することが大切です。

カードローンの利用を考えているときに役立つコラム

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。


北海道湧別町の方向けカードローンすぐ借りたい方のためのお役立ち情報

貸金業者登録一覧

カードローンすぐ借りたいなら

北海道湧別町でカードローンすぐ借りたいならココ!