カードローンすぐ借りたい

\大手だから安心・安全!/

トップページ > 東京都 > 目黒区 > カードローンすぐ借りたい・乗り換えたい

当サイトでは、東京都目黒区でカードローンすぐ借りたいという方のために、ご家族や職場にバレることなく、最短1時間で融資可能な安心・安全の大手消費者金融のみ紹介しています。

急な出費で大ピンチ!!カードローンすぐ借りたい!

でも、どこで借りるのが安全なのかわからないし、即日融資してくれるのかもわからない…。 以前であれば銀行カードローンが即日融資に対応していたみたいだけど…。

そんなあなたにオススメなのが、大手消費者金融のカードローンです!

信頼・実績の大手消費者金融なら即日融資対応!最短1時間で融資可能!今すぐ借りたい方必見です!

必要書類は運転免許証だけでOK!?利息が0円って本当!?

必要書類や金利を今すぐチェック!

カードローンすぐ借りたい人へ

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

まとめ

「家族や職場には絶対バレたくない」「急な出費で今すぐお金を借りたい」という方へ。
大手消費者金融のネット審査なら誰にもバレずに、最短1時間でご融資可能です。

返済シミュレーション

はじめてお金を借りるとき、無利息で借りることができるのか、いくらくらい利子がつくのかなど不安なことも多いですよね。

ここでは、借入金額5万円を例に借入時に気になるポイントをご紹介します。

Q.無利息で5万円借りたいのですが可能ですか?

A.可能です

一般的にカードローンの無利息期間とは、契約日の翌日から30日間利息が0円になるサービスの事を言います。30日以内に一括返済を行なうことで、無利息でお金を借りることができます。

ただし、無利息期間は契約日の翌日から適用されるため、契約後すぐに借りない場合は無利息期間が終了してしまっている可能性がありますのでご注意ください。

Q.借りた5万円を分割して返済することは可能ですか?

A.可能です

それぞれのカードローン会社で毎月の最低返済金額が設定されているので、最低金額以上の返済であれば分割で返済することができます。

プロミス2,000円
アコム2,100円
アイフルサイクル制-5,000円
約定日制-4,000円

Q.5万円借りた場合の利息を教えてください

A.5回払いの場合で約1,500円、10回払いの場合で約3,400円になります。

上記の利息は消費者金融のカードローンにおいて、金利が年18%で借り入れした場合の利息となっています。

返済が長引くほど利息の支払いが増えるので、できるだけ早めに計画的に返済を行なうことをおすすめします。


はじめてお金を借りる時というのは、色々な不安を抱かれてしまうかと思いますが、実際に数字を見てみると、買い物の分割ローンと同じような感覚でお金を借りることができるものなんだなということがお分かり頂けたかと思います。

消費者金融は銀行カードローンと比較すると金利が高いと言われていますが、5万円程の少額の借り入れであれば利息の支払いは少ないですし、条件によっては利息の負担が0円になる場合もありますので、カードローンですぐ借りたい!という方は、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

東京都目黒区にお住まいのカードローンすぐ借りたい方のためのQ&A

カードローンに申し込んでみたいけど、すぐに借りられるのかな?審査は厳しいのかな?申し込みは簡単かな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここではカードローンに関する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.パートやアルバイトでもカードローンを利用できますか?

A.利用できます

一定の収入があれば、パートやアルバイトの方でもカードローンに申し込むことができます。
また、学生であってもアルバイトなどで収入がある方であれば申し込めます。

Q.安全にお金を借りる方法はありますか?

A.あります

安全にお金を借りたいなら、大手銀行カードローンまたは大手消費者金融カードローンがおすすめです。
スマホやパソコンで手軽に借りられる時代だからこそ、信頼と実績のある大手金融機関から借り入れすることが安心・安全だと言えます。

悪質な違法業者は、チラシやメールなどで「低金利で即日融資」などといった甘い言葉で誘い、違法な高金利で貸し付け短期間で返済を請求してくるというのを常套手段としています。 一度でもこの手の違法な金融業者から借入れしてしまうと、同業者からの勧誘が頻繁に行わるようになりますので、絶対に聞いたこともない金融業者から借り入れしてはいけません金融庁-違法な金融業者にご注意!

Q.今日中にお金を借りたいのですが、安全に借りるには銀行カードローンでしょうか?

A.今日中であれば大手消費者金融がおすすめです

銀行カードローンは金利が安く信頼度からも安心感はダントツなのですが、2018年より政府の方針で銀行カードローンは即日融資ができなくなってしまいましたので、 即日融資を希望される場合、大手消費者金融からの借り入れをおすすめします。

Q.返済に滞ってしまった場合、怖い取り立てとかはありませんか?

A.ありません

返済を滞る=怖い取り立てが来るというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、現在は法律で厳しく規制されていますので、真っ当な金融機関の場合そのような取り立て行為は行われませんのでご安心ください。

返済が滞ってしまった場合まず行われるのが携帯電話への連絡です。延滞しているからといって、怒鳴られたりすることはありませんので必ず出るようにしましょう。

電話を拒否し続けてしまうと自宅への連絡や会社へ連絡せざるを得ない状況になってしまいますので(社名は伏せて連絡があります)、きちんと対応することが大切です。

東京都目黒区の借り入れはこちら

アコム 自由ヶ丘むじんくんコーナー
〒152-0035 08:00 - 22:00
東京都目黒区自由が丘1丁目9-5 フジビル2F
アイフル 学芸大学駅前店 無人契約コーナー
〒152-0004 駐車場なし
東京都目黒区鷹番3丁目6番6号 TWIN立花-Ⅰ 2F201号室
アイフル 自由が丘店 無人契約コーナー
〒152-0035 駐車場なし
東京都目黒区自由が丘2-13-3 3階
プロミス 学芸大駅前自動契約コーナー
〒152-0004 9:00 - 22:00
東京都目黒区鷹番3丁目1-8
プロミス 自由が丘南口自動契約コーナー
〒152-0035 9:00 - 22:00
東京都目黒区自由が丘1丁目9番4号
モビット 三井住友銀行学芸大学駅前支店
〒152-0004 スマホ申し込み対応
東京都目黒区鷹番3-6-4
モビット 三井住友銀行自由が丘支店
〒152-0035 スマホ申し込み対応
東京都目黒区自由が丘2-11-12
モビット 三井住友銀行自由が丘北出張所
〒152-0035 スマホ申し込み対応
東京都目黒区自由が丘1-15-10
モビット 三井住友銀行洗足支店
〒152-0012 スマホ申し込み対応
東京都目黒区洗足2-19-3
モビット 三井住友銀行都立大学駅前支店
〒152-0031 スマホ申し込み対応
東京都目黒区中根1-3-1
モビット 三井住友銀行中目黒駅前出張所
〒153-0051 スマホ申し込み対応
東京都目黒区上目黒3-1-5

カードローンの利用を考えているときに役立つコラム

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって銀行と消費者金融の金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。


東京都目黒区の方向けカードローンすぐ借りたい方のためのお役立ち情報

貸金業者登録一覧

カードローンすぐ借りたいなら

東京都目黒区でカードローンすぐ借りたいならココ!